阿仁異人館・伝承館へようこそ

伝承館の紹介

 

 阿仁伝承館は、鉱山で繁栄した「阿仁」の歴史を後世に伝えるため、1986年(昭和61年)にオープンしました。

館内には阿仁鉱山から採取された黄銅鉱をはじめ、黄鉄鉱、方鉛鉱、石英などの鉱物標本、鉱山で使用されていた道具類などのほか、江戸時代の阿仁鉱山作業絵図(絵巻)や阿仁鉱山だけで使用されていた阿仁波銭、ドイツ人技師メツゲルによる阿仁鉱山調査報告書、鉱山労働者の相互扶助制度「友子制度」に関する資料などを展示しています。

 

 また、阿仁地区の民俗資料として、阿仁鉱山で働く女性たちが歌っていた「からめ節」の衣装展示や、根子地区に伝わる「根子番楽」(国指定重要無形文化財)の民俗資料、阿仁地区出身の著名人を紹介しています。隣接する阿仁異人館とは地下通路でつながっています。